プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

Sorry about the spam このエントリーをはてなブックマークに追加

よく分からんが、僕のパッチが世界のどこかのAndroidのビルドを壊したらしい。
そんな報告いらないよ


From: davidb@xxxxx.com
To: 革命の日々さん
Date: Thu, 25 Jun 2009 14:55:42 -0700
Subject: Re: kernel build change 3229 patch 1 success
----

On Thu, Jun 25, 2009 at 02:43:39PM -0700, davidb@xxxxx.com wrote:
> - fetching
> From git://git-android.quicinc.com/kernel/msm
> * [new branch] refs/changes/25/3225/1 -> refs/changes/25/3225/1

Sorry about the spam. I just discovered, the hard way, that our
auto-builder sends the results to the author and not the
committer of the patch. This is fixed now.

David Brown



追記: うっかり本名がバレてしまう内容を含んでいたので削除した


関連記事
スポンサーサイト
linux | 【2009-06-30(Tue) 09:06:23】 | Trackback:(0) | Comments:(2)

Linux.conf.au 2010 call for papers is now open このエントリーをはてなブックマークに追加

だそうな。

http://lwn.net/Articles/339094/rss
http://www.lca2010.org.nz/

ニュージーランドなー。うーん・・・

関連記事
linux | 【2009-06-30(Tue) 01:33:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Fedora11 で KVM のネットワーク設定 このエントリーをはてなブックマークに追加

vnetとかvirbrの意味が分からずにしばらく、とまどったが分かってしまえば簡単。
開発に使うという要件から、外からsshでつなぐことが出きるのは必須。
よってbridge型接続を考える。

まず、ホストのeth0をブリッジに関連付ける

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0


# Broadcom Corporation NetXtreme BCM5722 Gigabit Ethernet PCI Express
DEVICE=eth0
BRIDGE=virbr0
#BOOTPROTO=none

HWADDR=00:22:19:1e:00:71
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.1.220
USERCTL=no
PEERDNS=yes
IPV6INIT=no
NM_CONTROLLED=no
TYPE=Ethernet
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.5


太字のように、BRIDGE行でvirbr0に関連付け、BOOTPROTOをコメントアウト

次にvirbr0の設定ファイルを作る

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-virbr0

DEVICE=virbr0
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
TYPE=Bridge



ネットワークをリスタート


# service network restart



virt-managerで新しいネットワークデバイスを追加
virtbr0ブリッジの新しいデバイスを作る。

終わり

参考:
KVM HOWTO - netowrking http://www.linux-kvm.org/page/Networking

関連記事
linux | 【2009-06-27(Sat) 07:25:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

limits.confの不思議 このエントリーをはてなブックマークに追加

/etc/security/limits.conf に


#
#

* soft nproc 100000


と書いたら、以下のような結果に。
どこかに上限があるっぽいのだが、規則がよく分からん。
55296 って中途半端じゃね?



% ulimit -a
-t: cpu time (seconds) unlimited
-f: file size (blocks) unlimited
-d: data seg size (kbytes) unlimited
-s: stack size (kbytes) 10240
-c: core file size (blocks) 0
-m: resident set size (kbytes) unlimited
-u: processes 55296
-n: file descriptors 1024
-l: locked-in-memory size (kb) 32
-v: address space (kb) unlimited
-x: file locks unlimited
-i: pending signals 55296
-q: bytes in POSIX msg queues 819200
-e: max nice 0
-r: max rt priority 0


関連記事
linux | 【2009-06-26(Fri) 21:27:11】 | Trackback:(0) | Comments:(2)

FreeBSDの / って何でデフォルトはSoftUpdate がOFFなの? このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼT/O。
最近、LKML的義理人情の兼ね合いでFreeBSDをインスコしたのだけれど、なぜか/ パーティションのみSoftUpdate がOFFがインストーラのデフォルトの模様
OFFにするメリットが思いつかないので、誰か教えてください。

ところで、SoftUpdateって、NCQとかが、OSの知らないところで、I/Oの順番入れ替えたらアウトのような気がするが、I/O barrier の実装ってどうなってんの?


関連記事
雑談 | 【2009-06-26(Fri) 21:00:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

はてなのサーバは一台7万 このエントリーをはてなブックマークに追加

http://usedhonda.jp/2009/06/post-35.html

一台7万かー
ためしに自分の会社で類似構成を見積もったら2.5倍のお値段ががが・・・



関連記事
雑談 | 【2009-06-24(Wed) 18:24:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Why another filesystem?! このエントリーをはてなブックマークに追加

本家Slashdotより

http://linux.slashdot.org/story/09/06/10/1243232/Linux-Kernel-2630-Released

Can anyone explain to me why Linux has so many filesystems? Windows has had NTFS for years (admittedly, several versions, but never any compatibility issues that I've come across), and Linux has, what, 73 or something?! Is it really that hard to get it right?



なんで、こんなにいっぱいファイルシステムが必要なの?と質問

Can anyone explain to me why Ford has so many kinds of cars? Tesla has had a 2 seat roadster for years (admittedly, several versions, but never any compatibility issues that I've come across), and Ford has, what, 73 or something?! Is it really that hard to get it right?



なんで、フォードはこんなに色々な車を作ってるの?と揶揄


お馬鹿トークだよなー



関連記事
linux | 【2009-06-22(Mon) 09:53:01】 | Trackback:(0) | Comments:(1)

スレッドに名前をつける方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

Shinh先生に繰り返し要望されていたスレッドに名前をつける機能だが、実はすでに実装済みだったらしい。

prctl(PR_SET_NAME) するだけ。
アルェーーー



Date: Tue, 16 Jun 2009 21:14:26 +0200
From: Bert Wesarg
To: Stefani Seibold
Cc: linux-kernel , linux-mm , Andrew Morton
Subject: Re: [RFC] set the thread name


Hi,

On Tue, Jun 16, 2009 at 20:39, Stefani Seibold wrote:
> Currently it is not easy to identify a thread in linux, because there is
> no thread name like in some other OS.
>
> If there were are thread name then we could extend a kernel segv message
> and the /proc//task//... entries by a TName value like this:
prctl(PR_SET_NAME, ...) works perfectly here.

Bert

/* -*- c -*- */

#define _GNU_SOURCE
#include
#include
#include
#include
#include
#include
#include
#include
#include

void *
thread(void *arg)
{
unsigned long i = (unsigned long)arg;
char comm[16];
snprintf(comm, sizeof comm, "task %02lu", i);
prctl(PR_SET_NAME, comm, 0l, 0l, 0l);

sleep(10);

return NULL;
}

int
main(int ac, char *av[])
{
pthread_t thr;
unsigned long i, n = 10;
char comm[16];

printf("%u\n", getpid());
sleep(5);
snprintf(comm, sizeof comm, "master");
prctl(PR_SET_NAME, comm, 0l, 0l, 0l);
sleep(5);

for (i = 0; i < n; i++)
pthread_create(&thr, NULL, thread, (void *)i);

pthread_join(thr, NULL);

return 0;
}

>
> Greetings,
> Stefani


関連記事
linux | 【2009-06-17(Wed) 09:24:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

adaptive spinning mutexをOFFにする方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

コミットログから転載

Change mutex contention behaviour such that it will sometimes busy wait on
acquisition - moving its behaviour closer to that of spinlocks.

This concept got ported to mainline from the -rt tree, where it was originally
implemented for rtmutexes by Steven Rostedt, based on work by Gregory Haskins.

Testing with Ingo's test-mutex application (http://lkml.org/lkml/2006/1/8/50)
gave a 345% boost for VFS scalability on my testbox:

# ./test-mutex-shm V 16 10 | grep "^avg ops"
avg ops/sec: 296604

# ./test-mutex-shm V 16 10 | grep "^avg ops"
avg ops/sec: 85870

The key criteria for the busy wait is that the lock owner has to be running on
a (different) cpu. The idea is that as long as the owner is running, there is a
fair chance it'll release the lock soon, and thus we'll be better off spinning
instead of blocking/scheduling.

Since regular mutexes (as opposed to rtmutexes) do not atomically track the
owner, we add the owner in a non-atomic fashion and deal with the races in
the slowpath.

Furthermore, to ease the testing of the performance impact of this new code,
there is means to disable this behaviour runtime (without having to reboot
the system), when scheduler debugging is enabled (CONFIG_SCHED_DEBUG=y),
by issuing the following command:

# echo NO_OWNER_SPIN > /debug/sched_features

This command re-enables spinning again (this is also the default):

# echo OWNER_SPIN > /debug/sched_features



関連記事
linux | 【2009-06-16(Tue) 15:35:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

clocksource このエントリーをはてなブックマークに追加

sysfs経由でclocksourceを手動で変えられるらしい


# pwd
/sys/devices/system/clocksource/clocksource0

# ls
available_clocksource current_clocksource

# cat available_clocksource
tsc hpet acpi_pm jiffies

# cat current_clocksource
tsc

# echo hpet > current_clocksource

# cat current_clocksource
hpet







関連記事
linux | 【2009-06-16(Tue) 09:01:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

「どの virtualization がベストなんですか?」、akpm答えて曰く このエントリーをはてなブックマークに追加

Ask a Google engineer というGoogleの社員が質問に答えてくれるGoogleのサービスがあるのだけれど、Andrew Mortonが仮装化について語っている。

http://moderator.appspot.com/#9/e=c9&t=linux+virtulization


節子、cgroupは仮想化なんか?


関連記事
linux | 【2009-06-15(Mon) 22:15:58】 | Trackback:(0) | Comments:(2)

セキュリティ&プログラミングキャンプ2009 このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.jipdec.or.jp/camp/

応募開始しました!
私も一応講師に任命されておりますゆえ、一枚噛んでおります。

22歳以下の人はぜひ応募してください。
企業ベースのカンファレンスではありえない、講師陣の豪華さが自慢・・・らしいです。

参考:
未来のいつかの日記 - セキュリティ&プログラミングキャンプ2009今年も開催。
http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20090610#p1

カーネルハックをしたいけど、やりかたがよく分からん。とかそういう人を大募集です。
よろしく!


追記:
なんか、世間ではこういうウリになっている模様

このキャンプの大きな特徴としては、全部無料!

社会人の方がお金を払ってでも参加したくなるぐらいの内容ですが、

参加費用や教材費はもちろん、宿泊費や食費、それに交通費まで無料です。

学生の方や親御さんのフトコロに優しいですね。



http://d.hatena.ne.jp/sen-u/20090610/p1

たしかに!
そういうわけで、もし教師とかやっておられる人がいましたら、「獅子は子供に多額の保険金をかけてから崖に突き落とす」理論なう。よろしく



関連記事
雑談 | 【2009-06-11(Thu) 00:10:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

しくしく このエントリーをはてなブックマークに追加

zone_reclaim_modeのパッチはドロップされてしまいました

関連記事
雑談 | 【2009-06-10(Wed) 10:44:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

なんだこれ このエントリーをはてなブックマークに追加

http://slashdot.jp/developers/article.pl?sid=09


developers/article.pl?sid=09はみつかりませんでした。これから徹夜して探し続けますけど、見つからないと思います。もしかしたら、最初からなにもなかったのかも知れないし、もしかしたらビットバケツに吸い込まれたのかもれない。はたまた、もしかしたら、誰かがタイプミスしただけなのかも。あっ、セクションだったら、新設後の夜中にcronさんが作るのかも。でも、ぼくには分からないです。ウェブサーバだって万能じゃないんです。ごめんなさい。

どうしても気になるんだったら、ここの住所とリンク元をボスにメールしてみて。



関連記事
雑談 | 【2009-06-09(Tue) 18:33:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Linux 2.4.37.2 このエントリーをはてなブックマークに追加

まだメンテしてる人いるんだ・・・・


I've just released Linux 2.4.37.2.

The main goal was to address a regression brought by 2.4.37.1. The
CAP_KILL fix caused modprobe to leave zombies on auto-loading (easily
seen with CONFIG_IPV6=m).

While working on this, I also merged some fixes which did not get into
2.4.37.1 either because it was too late or because I missed them. The
only really relevant one is the fix for the SCTP overflow (CVE-2009-0065)
which has been demonstrated to be remotely exploitable when an SCTP
application was running.

Users of 2.4.37.1 with modules autoloading enabled are really encouraged
to upgrade.

The patch and changelog will appear soon at the following locations:
ftp://ftp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.4/
ftp://ftp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.4/patch-2.4.37.2.bz2
ftp://ftp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.4/ChangeLog-2.4.37.2

Git repository:
git://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/stable/linux-2.4.37.y.git
http://www.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/stable/linux-2.4.37.y.git

Git repository through the gitweb interface:
http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/stable/linux-2.4.37.y.git

Regards,
Willy


Summary of changes from v2.4.37.1 to v2.4.37.2
============================================

David S. Miller (1):
ipv6: Disallow rediculious flowlabel option sizes.

Eugene Teo (1):
net: amend the fix for SO_BSDCOMPAT gsopt infoleak

Jesse Brandeburg (1):
e1000: fix bug with shared interrupt during reset

Neil Horman (1):
e1000: add missing length check to e1000 receive routine

Wei Yongjun (1):
sctp: Avoid memory overflow while FWD-TSN chunk is received with bad stream ID

Willy Tarreau (2):
exit_notify: fix regression uncovered by the CAP_KILL fix
Change VERSION to 2.4.37.2

--
To unsubscribe from this list: send the line "unsubscribe linux-kernel" in
the body of a message to majordomo@vger.kernel.org
More majordomo info at http://vger.kernel.org/majordomo-info.html
Please read the FAQ at http://www.tux.org/lkml/


関連記事
linux | 【2009-06-08(Mon) 09:02:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

[書評] 実践デバッグ技法 このエントリーをはてなブックマークに追加

献本御礼
なんで献本もらえたのかまったく不明なんだけど(^^;

ちまたではデバッグ三部作のトリを飾る一作と呼ばれているらしい。

いちおう、DDDとEclipseについても書いてあるけど、メインはどうみてもgdb。なので、Linux上でC言語開発をする羽目になった新人プログラマが読むと、一気にスキルが上がってお得。
昔、新人教育をやっていた時代にこれがあったら、全員に買わせたかもしれん。

ちょっと、長いけど目次を引用

推薦の言葉
まえがき
1章 初心者にもプロにも役立つ予備知識
1.1 本書で扱うデバッガ
1.2 使用するプログラミング言語
1.3 デバッグの原則
1.3.1 デバッグの本質:確認の原則
1.3.2 確認の原則にとってデバッガの価値とは?
1.3.3 その他のデバッグ原則
1.4 テキストベース vs. GUIベース(そして両者の折衷形態)
1.4.1 インタフェースの簡単な比較
1.4.2 テキストベースとGUIの折衷形態
1.5 デバッガの主な操作方法
1.5.1 ソースコードをステップ実行する
1.5.2 変数を調べる
1.5.3 変数の変化を「広域指名手配」する
1.5.4 呼び出しスタックを上下に移動する
1.6 オンラインヘルプ
1.7 最初のデバッグ作業
1.7.1 GDBを用いる
1.7.2 DDDを使った実演
1.7.3 Eclipseを使った実演
1.8 初期化ファイルの使用
2章 調査のために実行を止める
2.1 停止の仕組み
2.2 ブレークポイントの概要
2.3 ブレークポイントを追跡する
2.3.1 GDBでのブレークポイント一覧
2.3.2 DDDでのブレークポイント一覧
2.3.3 Eclipseでのブレークポイント一覧
2.4 ブレークポイントを設定する
2.4.1 GDBでブレークポイントを設定する
2.4.2 DDDでブレークポイントを設定する
2.4.3 Eclipseでブレークポイントを設定する
2.5 GDBの発展例題
2.6 ブレークポイントの持続性
2.7 ブレークポイントを削除・無効にする
2.7.1 GDBでブレークポイントを削除する
2.7.2 GDBでブレークポイントを無効にする
2.7.3 DDDでブレークポイントを削除・無効にする
2.7.4 Eclipseでブレークポイントを削除・無効にする
2.7.5 DDDでブレークポイントを「移動する」
2.7.6 DDDでブレークポイントの操作を元に戻す/やり直す
2.8 ブレークポイントの属性を詳しく見る
2.8.1 GDB
2.8.2 DDD
2.8.3 Eclipse
2.9 実行を再開する
2.9.1 GDB
2.9.2 DDD
2.9.3 Eclipse
2.10 条件つきブレークポイント
2.10.1 GDB
2.10.2 DDD
2.10.3 Eclipse
2.11 ブレークポイント・コマンドリスト
2.12 ウォッチポイント
2.12.1 ウォッチポイントを設定する
2.12.2 式
3章 変数を調査・設定する
3.1 メインの例題コード
3.2 上級の変数調査・設定法
3.2.1 GDBでの調査法
3.2.2 DDDでの調査法
3.2.3 Eclipseでの調査法
3.2.4 動的な配列を調べる
3.2.5 C++ではどうなるの?
3.2.6 ローカル変数を監視する
3.2.7 メモリを直接調べる
3.2.8 printとdisplayの上級オプション
3.3 変数を設定する
3.4 GDB独自の変数
3.4.1 値の履歴を用いる
3.4.2 簡易変数
4章 プログラムがクラッシュしたら
4.1 背景知識:メモリ管理について
4.1.1 なぜプログラムはクラッシュするのか?
4.1.2 プログラムのメモリ配置
4.1.3 ページの概念
4.1.4 ページテーブルの役割の詳細
4.1.5 軽微なメモリアクセスのバグはセグメンテーション違反に
   ならないこともある
4.1.6 セグメンテーション違反とUnixのシグナル
4.1.7 他の種類の例外
4.2 coreファイル
4.2.1 coreファイルの生成方法
4.2.2 シェルによるcore生成の抑制
4.3 例題の拡張
4.3.1 最初のバグ
4.3.2 デバッグ中はGDBを抜けないこと
4.3.3 2番目と3番目のバグ
4.3.4 4番目のバグ
4.3.5 5番目と6番目のバグ
5章 多重実行環境でのデバッグ
5.1 クライアント/サーバ型のネットワークプログラムをデバッグする
5.2 スレッドコードをデバッグする
5.2.1 プロセスとスレッドのおさらい
5.2.2 基本的な例題
5.2.3 バリエーション
5.2.4 GDBのスレッドコマンドのまとめ
5.2.5 DDDのスレッドコマンド
5.2.6 Eclipseのスレッドコマンド
5.3 並列実行アプリケーションをデバッグする
5.3.1 メッセージパッシングシステム
5.3.2 共有メモリシステム
5.4 拡張した例題
5.4.1 OpenMPの概要
5.4.2 OpenMP例題プログラム
6章 特別な話題
6.1 コンパイルもロードもできないときにはどうすればいいですか?
6.1.1 文法エラーメッセージの実体のない行番号
6.1.2 ライブラリが見つからない
6.2 GUIプログラムをデバッグする
6.2.1 cursesプログラムをデバッグする
7章 他のツール
7.1 テキストエディタを活用する
7.1.1 文法ハイライト
7.1.2 カッコの対応づけ
7.1.3 VimとMakefile
7.1.4 Makefileとコンパイラの警告メッセージ
7.1.5 テキストエディタをIDEとみなす最終的な考え
7.2 コンパイラを活用する
7.3 C言語でのエラー報告
7.3.1 errnoを用いる
7.4 straceとltraceを使った快適な暮らし
7.5 静的コードチェッカ:lintとその仲間
7.5.1 splintの使い方
7.5.2 最後に
7.6 動的確保メモリをデバッグする
7.6.1 DAMの問題を発見する戦略
7.6.2 Electric Fence
7.6.3 GNU Cライブラリのツールを使ってDAMの問題をデバッグする
8章 他の言語にGDB、DDD、Eclipseを用いる
8.1 Java
8.1.1 JavaをデバッグするのにGDBを直接用いる
8.1.2 JavaをデバッグするのにDDDをGDBと一緒に使う
8.1.3 DDDをJDBのGUIとして用いる
8.1.4 EclipseでJavaをデバッグする
8.2 Perl
8.2.1 DDDを使ってPerlをデバッグする
8.2.2 EclipseでPerlをデバッグする
8.3 Python
8.3.1 DDDでPythonをデバッグする
8.3.2 EclipseでPythonをデバッグする
8.4 SWIGコードをデバッグする
8.5 アセンブリ言語
付録A Visual C++を用いたデバッグ
A.1 ビルドと実行
A.2 中断と変数の表示
A.3 ブレークポイント設定と実行再開
A.4 不正メモリアクセス
A.5 マルチスレッドのデバッグ
A.6 その他の便利な機能
訳者あとがき
索引


最初の方の1-3章ぐらいがデバッガの使い方解説みたいな感じ。gdbのinfoは章立てが腐っているので、同じ事を書いていてもすごく分かりやすく、理解しやすくてよい。

4章が、coreファイルからバグを特定するまでの実例の解説。こういうのって説明が難しいんですよね

5章がこの本の白眉(だと勝手に思っている)マルチスレッド・マルチプロセス環境のデバッグ方法の解説。
近年、CPUのマルチコア化が進み並列化テクニックを使ったソフトウェアが増えてきたけれども、MPI、OpenMPのデバッグ方法を解説した文献はこれが初めてではなかろうか?

6章は、デバッグ効率あげるなら、ツールも大事だよー。という趣旨のTips集。まあ、たいていのTipsはインターネットで見つかるんですが、まあ、まとまっているのが意味があるのかなと。


Debug Hacksは、読者層を絞り込みすぎているので、なかなか人に紹介しにくいという意見を聞くが、こっちは大学生~新人プログラマに対象を絞っているので、会社の若い連中とかに強くオススメできるいい文献となっている気がします。

デバッガを使いこなしていないなー、という諸兄は是非手にとっていただきたい。デバッグ時間の節約は開発効率に直結するよ

ではでは


併せて読みたい、有名人の書評
やねうらおさん: http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20090604
憂鬱な午後のひとときさん: http://homepage1.nifty.com/herumi/diary/latest.html







関連記事
書評 | 【2009-06-06(Sat) 16:10:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Avi Kivityのシグネチャ このエントリーをはてなブックマークに追加

error compiling committee.c: too many arguments to function



関連記事
linux | 【2009-06-05(Fri) 16:08:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

zone_reclaim_modeのデフォルト値が変わります このエントリーをはてなブックマークに追加

Linuxにはzone_reclaim_modeというsysctlオプションがある。どういうものかというとNUMAマシンにおいて、CPUから遠いメモリを使うぐらいなら、近いメモリのキャッシュを捨ててでも自分が近いメモリを使えるようにする。というポリシー

で、Linuxは遠いメモリへのアクセスが近いメモリに対してすごい遅いマシンだと、これがデフォルトでON.

で、Core i7 やOpteronのような最近のx86はソフトウェアから見るとNUMA。かつベンダによっては(BIOSのSRAT, SLITテーブルによっては)、メモリ間が遠いので、zone_reclaim_modeがONになってしまう。

が、Core i7の典型的な使用方法であるWebサーバ、ファイルサーバ、デスクトップ用途ではメモリがまだあるのに、キャッシュを捨てるのは性能が落ちてしまう。という問題があった。

で、腹が立ったので、勢いにまかせて、メモリ間距離によらずzone_reclaim_modeが0になるパッチをマージした。

いやー、デフォルト値を変えるパッチは、やっぱり反対者がわらわら出てきて難しいね。
幸い、うちの会社は影響を受けるマシンを1台も持っていないので、Rejectされてもまったく困らないので、全部「帰れ、クソ野郎」理論で粉砕したけど。

被害をうけるビッグ・サーバー・ベンダーのみなさん、ごめんなさい。いちおうLKMLで議論はしたので、会社を休んだら学級委員を押付けられても文句は言えない理論を適用させていただきます。はっはっは

よく考えたら、Linuxのデフォルト値を変えるパッチを入れたのって始めてかも。うーん、新鮮

関連記事
linux | 【2009-06-05(Fri) 11:45:09】 | Trackback:(0) | Comments:(1)

君は2つの勘違いをしている このエントリーをはてなブックマークに追加




On Wed, 3 Jun 2009, Rik van Riel wrote:
>
> Would anybody paranoid run their system without SELinux?

You make two very fundamental mistakes.

The first is to assume that this is about "paranoid" people. Security is
_not_ about people who care deeply about security. It's about everybody.
Look at viruses and DDoS attacks - the "paranoid" people absolutely depend
on the _non_paranoid people being secure too!

The other mistake is to think that SELinux is sane, or should be the
default. It's a f*cking complex disaster, and makes performance plummet on
some things. I turn it off, and I know lots of other sane people do too.
So the !SElinux case really does need to work.

Linus
--
To unsubscribe from this list: send the line "unsubscribe linux-kernel" in
the body of a message to majordomo@vger.kernel.org
More majordomo info at http://vger.kernel.org/majordomo-info.html
Please read the FAQ at http://www.tux.org/lkml/


超訳:

君は2つの勘違いをしているよ。
1つはセキュリティがセキュリティ・パラノイアのものだと考えている事。セキュリティは誰にとっても重要だ。
もう1つは、SELinuxがまっとうなシロモノだと考えている事だ。アレはクソったれに複雑で災厄としかいいようがなく、パフォーマンスも滅茶苦茶にしてしまう。
僕はあんなの使わないし、たくさんの「まっとうな」人々が同じことをしているよ



Linus, 本当にSELinuxが嫌いなんだな・・・
まあ、オレもOFFにしてるが。




関連記事
linux | 【2009-06-04(Thu) 10:03:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

本日のKernel watch LIVEの会場 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなかったよ。

国際ビルのほうの、アイティメディアらしい。
海外さんも知らなかったらしい。

当日にスピーカーが会場がどこなのかについて相談している姿はほほえましいものがある

関連記事
雑談 | 【2009-06-03(Wed) 11:55:08】 | Trackback:(0) | Comments:(2)

なんだこれ? このエントリーをはてなブックマークに追加

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2009/watch05a.html

今月号はやたらブックマークが伸びてるけど、どこかで炎上してるの?

関連記事
雑談 | 【2009-06-03(Wed) 10:06:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

kernel summitの議題候補 このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか、こんなんらしい

----------------------- Original Message -----------------------
From: Jonathan Corbet
To: ksummit-2009-discuss@lists.linux-foundation.org
Date: Tue, 2 Jun 2009 08:47:22 -0600
Subject: [Ksummit-2009-discuss] Updated topic list
----

FWIW, here's the current set of potential kernel summit discussion
topics that I have seen going by. Note that I'm still simply
collecting these; nobody has attempted to make any decisions on which
ones will make it onto the summit agenda.

jon


PROPOSER TOPIC

Jon Corbet How much do we owe sloppy application writers
Jon Corbet The containers end game and how we get there
Balbir Singh The Hacking Hour
Rafael Wysocki Regression tracking and kernel quality
Jon Corbet Criteria for acceptance of kernel tracepoints
Jesse Barnes Profiling and performance counters
Eric Biederman Procedures for dealing with patent problems
John Linville Patch review checklist
Matthew Wilcox How to handle style-only patches
Dan Williams RAID unification / stacked block devices
Jiri Kosina User-space drivers - worth encouraging?
Sam Ravnborg Shipping user-space components in the kernel
Kay Sievers Establishment/maintenance of per-subsystem todo lists
Steve Rostedt Improving changelogs
Jon Corbet I/O bandwidth controllers (maybe minisummit report)
Ted Ts'o PulseAudio and kernel interface issues
Greg KH Generic architecture support and arch layer cleanup
(Josh Boyer: add device tree discussion?)
Dave Jones cpumasks, churn, and unending API changes
Dirk Hohndel Issues related to wireless technologies
Jon Corbet Tracing:
Merging utrace
Ftrace mainline v. private debugging tools
Non-ftrace visibility infrastructure
Systemtap for kernel developers
Marcel Holtmann Tracing and protocol dumping
_______________________________________________
Ksummit-2009-discuss mailing list
Ksummit-2009-discuss@lists.linux-foundation.org
https://lists.linux-foundation.org/mailman/listinfo/ksummit-2009-discuss



関連記事
linux | 【2009-06-03(Wed) 09:44:34】 | Trackback:(0) | Comments:(2)

Xorg's X Window innovation - it's not ALL about the graphics (but there's quite a lot of it) このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.freesoftwaremagazine.com/columns/xorgs_x_window_innovation_its_not_all_about_graphics

LLVMがshader compiler対応したそうな。
組み込み屋さんも、自社製DSPのμコードの開発には苦労しているので、流用できるかな?


関連記事
linux | 【2009-06-03(Wed) 09:04:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

man poll からEBADFの記述が削除されることに このエントリーをはてなブックマークに追加

実装上絶対BADFにはならないのに、なぜかmanに記述があったのでコミュニティで議論の末、manから当該記述を削除することにした


関連記事
linux | 【2009-06-03(Wed) 01:06:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

kernel watch 5月版 このエントリーをはてなブックマークに追加

公開、されました


http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2009/watch05a.html

関連記事
linux | 【2009-06-02(Tue) 21:58:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。