プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

Windows8 で 右Alt を IME On/Off に変更してみた このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と手間取ったので備忘録としてメモ

7のときに使っていた、キーボードドライバをAXキーボードに変更する方法は動作せず。
動作してる人もいるみたいなんだけど、原因わからず。

まず、http://www.autohotkey.com/ から AutoHotkeyをダウンロード、任意のキーボードリマッピングを行える常駐ソフトだ。

適当な場所に RAlt.ahk とかでAutoHotkeyスクリプトファイルを作り、その中に

; Right Alt -> Hankaku (i.e. IME ON)
RAlt::vk19

と書く。コメントにあるように vk19 は「半角/全角」キーの意味である。たとえUSキーボードであっても。

ついでに、CapsLockもCtrlに変更したいところだが、AutoHotkeyで差し替えるとなぜかCtrlが押されたままに
なってしまう不具合が発生、追求に手間をとりたくなかったので別ソフトを使う。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/changekey/ にある ChangeKey という非常駐型キーリマッピングソフトにて行えることがわかる。古いソフトなので普通に実行すると管理者として実行してくれず、 右クリック ー> 管理者として実行 として実行しないといけない。


参考

英語配列のUSBキーボードを使う(付:右AltでIME切り替え) http://posokosi.seesaa.net/article/314087768.html
Windows 7でキー配置変更 http://d.hatena.ne.jp/himazublog/20091114/1258213220


関連記事
スポンサーサイト
雑談 | 【2013-10-20(Sun) 03:24:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。