プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

KVM guestのシリアル出力をhostから見る方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

諸般の事情でゲストがfedoraの場合とUbuntuの場合の両方を調べたので備忘録代わりに書く


まず、fedora12

/boot/grub/grub.conf


default=0
timeout=10
#splashimage=(hd0,0)/boot/grub/splash.xpm.gz
serial --unit=0 --speed=115200
terminal --timeout=10 serial console
#hiddenmenu
default saved


title Fedora (2.6.32.16-141.fc12.x86_64)
root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.32.16-141.fc12.x86_64 ro root=UUID=c70ceb36-eeea-48ee-9cd9-71d5a983ab40 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 norhgb noquiet console=tty0 console=ttyS0,115200
initrd /boot/initramfs-2.6.32.16-141.fc12.x86_64.img



と、grub.confにシリアルの設定書くだけ。ヘタにパリティとかストップビットとか記述すると動かんっぽいので何も書かないのが吉。
普段つかっているUSBシリアルの設定をカット&ペーストしてはまった。


つぎ、Ubuntu 10.04

/etc/default/grub


# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.

GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_SAVEDEFAULT=true
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=10
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=false
GRUB_TIMEOUT=10

GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="noquiet nosplash console=tty0 console=ttyS0,115200"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""

# Uncomment to disable graphical terminal (grub-pc only)
#GRUB_TERMINAL=console
GRUB_TERMINAL=serial
GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0"

# The resolution used on graphical terminal
# note that you can use only modes which your graphic card supports via VBE
# you can see them in real GRUB with the command `vbeinfo'
#GRUB_GFXMODE=640x480

# Uncomment if you don't want GRUB to pass "root=UUID=xxx" parameter to Linux
#GRUB_DISABLE_LINUX_UUID=true

# Uncomment to disable generation of recovery mode menu entries
GRUB_DISABLE_LINUX_RECOVERY="true"

# Uncomment to get a beep at grub start
#GRUB_INIT_TUNE="480 440 1"





# ttyS0 - getty
#
# This service maintains a getty on ttyS0 from the point the system is
# started until it is shut down again.

start on stopped rc RUNLEVEL=[2345]
stop on runlevel [!2345]

respawn
exec /sbin/getty -L 115200 ttyS0 vt102




あとはホストで、

# virsh start --console

と、--consoleオプションつけて、ゲストを起動するだけ


関連記事


linux | 【2010-07-26(Mon) 00:35:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。