プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

RHEL6からkernel SRPMに個別パッチが同梱されなくなったことへのRedhatの見解 このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらく前にLWN上でJonathan Corbet がRHEL6ではカーネルSRPMに個別パッチが入っておらず、パッチ適用済みのtarballしか入ってない。ってことで「Red Hat's "obfuscated" kernel source」とか言って批判してたんだけど(※1)、Redhatからレスポンスがあった模様。

ようするにフリーライドしようとするコンペティタをなんとかしようとすると、ある程度しかたないよね。わかってよ。というもの(※2)

これにたいするLWNの読者の反応はおおむね好意的なようだ(※3)、ようするにRedhatが一番オープンソースに貢献してる企業なんだからRedhatが吹き飛んでしまうと誰もうれしくないよね。という論調。オープンソースはこういうとこ、日頃の行いがものを言うよね。そういや昔EPSONがうっかりGPL違反しちゃったんだけど、なぜかFSFをはじめ各所から賛辞をうけまくるとかいうハプニングもあったなあとか思い起こしてみたり(※4)



※1 LWN.net: Red Hat's "obfuscated" kernel source: http://lwn.net/Articles/430098/

※2 Redhat News: Commitment to Open: http://press.redhat.com/2011/03/04/commitment-to-open/

※3 LWN.net: Commitment to Open (Red Hat News): http://lwn.net/Articles/431275/

※4 Slashdot: エプソンコーワ、GPL違反発覚も平素の対応に賛辞の声: http://slashdot.jp/article.pl?sid=02/09/15/1535206


追記:下記をみると、コンペティタってのはOracleとNovellをさしていて、CentOSは違うらしい

http://www.channelregister.co.uk/2011/03/04/red_hat_twarts_oracle_and_novell_with_change_to_source_code_packaging/

関連記事


linux | 【2011-03-06(Sun) 15:37:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。