プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

rpm specファイルまわりで、またしてもハマってた話 このエントリーをはてなブックマークに追加

もう何百回もやってるはずなのに定期的にハマるのでメモ

kernelのspec ファイル書き換えてオレオレカーネルを作るには以下の三箇所を変更する

まず、rpm名を書き換えるために6行目ぐらいのbuildidのところ、コメントアウトされてるのを元に戻す

変更元)

# % define buildid .local



変更後)

%define buildid .mytest



ここで罠なのは % と define の後に、スペースを入れるのは許されていないのだが、なぜか
変更元はスペースが入っているのでまんまと騙されることである。
あと、名前は "." で初めておかないと、いろいろと後悔する。

kernel-3.10.0-1.el7.mytest.src.rpm

みたいなファイル名になるんだが、ここで "." がないと、前の el7 とくっついてしまう。

次に

# empty final patch to facilitate testing of kernel patches
Patch999999: linux-kernel-test.patch



となっているところに、適用するパッチを足す

変更後)

# empty final patch to facilitate testing of kernel patches
Patch999999: linux-kernel-test.patch

Patch10001: hoge1.patch



とかみたいにする。番号は適当でいいが、ユニークな番号にすること。
なお、ここでファイル名を書くときに余分なスペースは絶対に入れてはいけない。

パッチ適用をするApplyPatchという関数の中で


ApplyPatch()
{
(略)
if ! grep -E "^Patch[0-9]+: $patch\$" %{_specdir}/${RPM_PACKAGE_NAME%%%%%{?variant}}.spec ; then



というクソコードが有るため、スペースが1つでも余分にあるとパッチ適用に失敗する。
わたしは、dired から矩形選択でファイル名持ってきて、これでハマったよ。

さて、rpm specfileはクソフォーマットなので、これで話が終わりじゃなくて、別の場所にもう一度
パッチ一覧を列挙しないといけない。

変更元)

ApplyOptionalPatch linux-kernel-test.patch



変更先)

ApplyOptionalPatch linux-kernel-test.patch

ApplyPatch hoge1.patch



のように、ApplyOptionalPatchがあるあたりに、ApplyPatchを書いていく。ここで間違ってもApplyOptionalPatchを
使ってはいけない。
ApplyOptionalPatchはパッチがなきゃあスキップする関数なので、間違った時に気づくのが遅れてしまう。


で、こんなん憶えていられるはずなのでスクリプト書いた

rpmpatch kernel.spec --localname .mytest ../SOURCES/00*.patch



のように名前をファイル名を引数に取ってパッチしてくれる。

以下に置いとく。
https://gist.github.com/kosaki/de41d67a899b0d839599

関連記事


linux | 【2014-08-10(Sun) 12:17:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。