プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

ヤンキース松井の謝罪、謝らない米国社会に衝撃 このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :失恋パンティきのこ@ゴッドおまコンφ ★ :2006/05/18(木) 11:43:43
前回、ヤンキース松井秀喜の左手首骨折直後の地元メディアの様子をお伝えしたが、今回のアクシデントはその後全米のメディアにもう1つの衝撃を与えることとなった。
それは骨折翌日の12日、手術後に広報を通じて松井から出された声明が原因だ。
英語で出されたもので「連続試合出場に向けて、毎試合、起用してくれたことに関してはトーリ監督にとても感謝しています。申し訳ないと思うと同時に、チームメイトを落胆させたことに私も失望しています」という内容。
松井らしい誠実で、悔しさに溢れたコメントだが、これがアメリカのスポーツ・メディア関係者にはビックリするものだったのだ。
その理由は「アイ・フィール・ベリー・ソーリー」と、最上級の謝罪の言葉が使われていたためである。
アメリカのスポーツ関係者がこのようなコメントを発表する際、まずこのような“謝罪”を口にすることはない。
残念、落胆といった種類の言葉はあっても、誰かに“謝る”ということはないのである。それが麻薬やステロイドといった問題によるものであってもだ。
この“謝らない”傾向は個人主義色の強いアメリカ社会には元々強いが、スポーツ界では契約問題などビジネス面もあって特に先鋭化してしまっているのが現実である。
それ故、松井が出したこの声明はさまざまな人々に衝撃を与えることになったのだ。

http://blog.nikkansports.com/baseball/mlb/watanabe/2006/05/post_50.html#more


21 :名無しさん@恐縮です :2006/05/18(木) 11:47:09 ID:crQs9slw2
アメリカ人は謝られ馴れてないっていうのかな、ちょっとのことで謝るとすごく驚かれるよね。
おれなんかむかし桜の枝を折ったことを正直に謝ったくらいで美談とされたもん。



関連記事


ねた | 【2006-05-20(Sat) 15:58:15】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

松井は人間性が出来てますからねぇ。
日本が誇れる人物だと思います。

逆にそういう事に慣れてないアメリカもどうかと思ったりしますが。
2006-05-20 土 04:08:14 | URL | 金木馬七 #- [ 編集]

ネタにマジレスありがとうございます。
今後とも松井をご愛顧くださいませ。
2006-05-20 土 06:37:47 | URL | 革命の日々 #- [ 編集]

ネタにマジレスするとワシントンの逸話は伝記を書いた人の作り話
2006-05-20 土 12:08:33 | URL | 通りすがり #- [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-07 日 17:28:00 | | # [ 編集]
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。