プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

regression 祭りの進捗 このエントリーをはてなブックマークに追加

いっぱいバグフィックスが出てきて訳が分からなくなってきたので整理

1.VM_BUG_ON(page_count(page) != 1) で死ぬ件 その1

Nick Pigginの speculative page cache とのパッチコンフリクトで発生していた。
putback_lru_page()でで死亡。
Lee Schermerhornが修正。
済み。

2.VM_BUG_ON(page_count(page) != 1) で死ぬ件 その2

1の類似障害。ページマイグレーションで死亡。
Daisuke Nishimura が修正。
済み。

3.badpage が起きる件 その1
mlock中のページを解放してると出てた件。
Dave Hansen のpage walkerの修正とコンフリクトしてた。
Lee Schermerhornが修正。
済み。

4.badpage が起きる件 その2
Daisuke Nishimura が報告してる方。再現できねーーー

5./proc/meminfo のMlocked 欄が狂ってる件
2.6.26-rc5-mm2 のときにHugh Dickins がパッチを投げてたが、splice の修正と一緒くたになっていたことが原因で取り込まれてなかった。
分離して再送した。
済み

6./proc/meminfo のanon, file別のメモリ量が狂ってる件
Lee Schermerhornが修正。
済み

だから、明示的に残っている問題は4だけで、あとは、KAMEZAWAさんから出ているputback_lru_page()のレビューとかSEQ replacementのCGROUP対応パッチとかそのへんか。









関連記事


linux | 【2008-06-18(Wed) 19:31:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。