プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

printkの非互換にたいする指摘 このエントリーをはてなブックマークに追加

カーネルウォッチ没ネタ集
linux-2.6.26のリリース直前でLinusがprintkに構文拡張を入れました(そうです。Linusが書いたコードはマージウィンドとか関係なく常にいきなりmainlineにマージされるのです)

具体的には
%pS: ポインタのシンボル名を表示(データ)
%pF: ポインタのシンボル名を表示(関数)

の2つ。ああ、IA64とかでは関数ポインタの扱いが特殊だから%pSだけに出来ないんだわ。
最初は%Sにするつもりだったのだが、誰かが、それってgccの__attribute__((format(printf, ..)))が警告だすやんけ。という話があって、二文字フォーマットしかないねという結論に。

んで、それに対して、Matthew Wilcoxがつけたコメントが

printk("Function %pSucks\n", sys_open);

が非互換になるよねー。まあもっともそんなコードがカーネルの中にあるとも思えないけども(^^)


そうです。LKMLは英語圏の2chなので、どんな議論でもSuckとかCrap言わないと議論が進まないのです!



関連記事


linux | 【2008-07-17(Thu) 21:48:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。