プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

squashfsがマージされました このエントリーをはてなブックマークに追加

squashfsというのはcramfsと同じくread onlyだけど圧縮をサポートするファイルシステムで組み込みのルートファイルシステムによく使われています。

cramfsは超大昔にLinusでお遊びで作ったファイルなので、

・最大ファイルシステムサイズが小さい
・最近のモダンなフィーチャーに一切対応していない

といった問題があったのでした。


ここで、Phillip Lougher による比較表どーん


Squashfs Cramfs

Max filesystem size: 2^64 256 MiB
Max file size: ~ 2 TiB 16 MiB
Max files: unlimited unlimited
Max directories: unlimited unlimited
Max entries per directory: unlimited unlimited
Max block size: 1 MiB 4 KiB
Metadata compression: yes no
Directory indexes: yes no
Sparse file support: yes no
Tail-end packing (fragments): yes no
Exportable (NFS etc.): yes no
Hard link support: yes no
"." and ".." in readdir: yes no
Real inode numbers: yes no
32-bit uids/gids: yes no
File creation time: yes no
Xattr and ACL support: no no


Christoph Hellwig (ファイルシステム関係の大御所、こいつがレビューしないとファイルシステムのマージは難しい)が反対していたので、雲行きが怪しかったのだが、おいらが、いや日本の組み込みではもう実績あるからマージして良いと思うだわさ。って言ったら通ってしまった。
うわははは。

ところで、Andrew Mortonのその後のコメント


Merge it!

We've long needed a filesystem named after a vegetable.



の意味がとれないんだけど、なんで野菜が出てくるんだい?




関連記事


linux | 【2009-01-10(Sat) 20:30:05】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

squashにはカボチャという意味もあるみたいなのでそのせいかも。
2009-01-10 土 06:36:30 | URL | 通りすがり #- [ 編集]
結構なディストリビューションで使えていたので、すでにマージされていると思っていました。
ありがとうございます。
2009-01-10 土 20:21:03 | URL | テイラー #GpEwlVdw [ 編集]

あれ、なんでテイラーさんが組み込み向けファイルシステムなんぞに、関係してんの?
2009-01-11 日 04:06:01 | URL | kosaki #- [ 編集]
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。