プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

[LKML] procps and new kernel fields このエントリーをはてなブックマークに追加

Dave Hansenが/proc/meminfoのカラムが増えたのに対応してprocpsを改良したよ。ってメールしてた

There was a very brief conversation about this a year ago or so. We've
got a ton of newfangled output in /proc/meminfo, but procps ignores most
of it. There's also a bunch of types of memory that don't get shown by
the various procps commands these days.

http://marc.info/?l=linux-mm&m=120496901605830&w=2

Novell has integrated that patch into procps which has the side-effect
that now reclaimable slab and unstable NFS pages are included in the
'cached' output of vmstat and free.

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=405246

The most worrisome side-effect of this change to me is that we can no
longer run vmstat or free on two machines and compare their output.

At the same time, we have machines that have dozens of GB of slab
objects that are mostly reclaimable. Yet, 'free' and 'vmstat' basically
ignore slab. Surely we need to find some way to report on those,
especially since we can now break out {un,}reclaimable slab.

We also have "new" memory use like unstable NFS pages. How should we
account for those?

I'd love to see an --extended output from things like vmstat. It could
include wider output since fitting in 80 columns just isn't that
important any more, and my 256GB machine's output really screws up the
column alignment. We could also add some information which is in
addition to what we already provide in order to account for things like
slab more precisely.

-- Dave

--
To unsubscribe, send a message with 'unsubscribe linux-mm' in
the body to majordomo@kvack.org. For more info on Linux MM,
see: http://www.linux-mm.org/ .
Don't email: email@kvack.org



パッチのキモは以下なのだが、SwapCacheをCacheに含めていいかは微妙なんだけどな
SwapCacheの意味は、swap outできるように、リザーブしたスワップエントリ数(not 本当に使った数)
という意味なので、SwapCacheと捨てられるAnonページであることはイコールではない。

SwapCacheであることはマップされてないことは保証されてないから、ページにSwapCache属性をつけたあとに頻繁にアクセスされれば、捨てないし。
まあ、SwapCacheのほとんどケースはswap-in処理の時にreadaheadで読んだスワップページが予測ミスで誰からもマップされないまま捨てられていくというパターンが一番多い気がするので近似値としてはいいのかもしれない。

@@ -603,6 +615,7 @@
}
kb_swap_used = kb_swap_total - kb_swap_free;
kb_main_used = kb_main_total - kb_main_free;
+ kb_main_cached += kb_slab_reclaimable + kb_swap_cached + kb_nfs_unstable;
}


関連記事


linux | 【2009-04-07(Tue) 09:27:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。