プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

debianはglibc捨ててeglibcに移行するよ このエントリーをはてなブックマークに追加

http://blog.aurel32.net/?p=47

ということらしい。よく分からんが。
たぶん一番のメリットはUlrichとつきあわなくて済むこと
関連記事


linux | 【2009-05-06(Wed) 14:03:15】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
Ulrichと付き合わなくてすむというのは、大きなメリットですね☆ミ

ちょっと気になったのは、eglibcのhomepageのdesign goalsに
書かれている以下の文言:

・Retain API and ABI compatability with GLIBC wherever feasible.

wherever feasibleって・・・、どのくらい大丈夫なんでしょうか?

2009-05-06 水 04:13:05 | URL | oshima #- [ 編集]

えーと、詳しくないので僕の勝手理解を書きます。
あれは、本人たちの意気込みを書いているだけなので、設計ポリシーとしては危うい選択。
でもdebianは無限の人海戦術があるので、彼らが使う分には大丈夫なレベルにもっていくと思われ。
逆に言うとFedoraにeglibcを入れるのはキチガイ、という状態がずっと続くと予想。
2009-05-06 水 05:13:53 | URL | kosaki #- [ 編集]
僕の知る限りでは、現在のglibcに対して、組み込みや人気のないアーキテクチャの対応が悪くなったので、eglibcの分岐は設定された。uliによると、下らないシステムだから、対応するのは必要ない。同時に、uclibcの開発予想はだんだん減って、eglibcに気がある人も増えそう。
2009-05-09 土 07:19:11 | URL | Paul Mundt #- [ 編集]

そうですね。理想をいえば、全distoroがeglibcに移行してくれれば、悩みが減るのですが、redhatは絶対に移行しないと思うので、悩みは増えるばかり。。。
2009-05-10 日 10:07:09 | URL | kosaki #- [ 編集]
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。