プロフィール

kosaki

Author:kosaki
連絡先はコチラ

ブログ検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2ブログランキング

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

Is 7 years of RHEL support still sufficient ? このエントリーをはてなブックマークに追加

LWNの記事(http://lwn.net/Articles/351298/)経由で知ったのだがRHELのサポート期間が7年というのに不満の声があるようだ。

元発言Blog: http://dag.wieers.com/blog/is-7-years-of-rhel-support-still-sufficient

要約すると
・現在のRHEL5は2014年3月までしかサポートされない
・ハードウェアの切り替えサイクルは平均で4年(米国での話の気がするな)
・2010年時点でRHEL6はまだ出荷されていない(or 管理者が評価中で実運用に投入できない)
と、考えると、2010年はRHEL環境でビジネスがしにくい。RHEL5のEOL(End of Life)がハードウェアの切り替えより先に来てしまう。

という感じらしい。たしかに問題だなー
やっぱ10年ぐらい欲しいよね。サポート期間。欲しいというより現状のメジャーリリース間隔の実情(約3年)から逆算すると必要。

つまり、昔はLinuxに足りないfeatureが多かったので頻繁なメジャーアップが歓迎された。だから7年でもEOLにならなかった。でも、Linuxが成熟するにつれてメジャーリリース間隔が延びていっているので、7年では全然話にならないケースが出てきている。と

興味深い
関連記事


linux | 【2009-09-08(Tue) 10:00:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。